インナーチェンジングセラピーの進め方



【インナーチェンジングセラピーの進め方】

私たちはふだん「カウンセリング」で、こころの問題を、どのように見てるのか、どんなふうに解決に向かうのかということをここで少しお話をしていきます。

 

 

【思考・感情・行動】

私たちは、出来事に対してお決まりの「思考・感情・行動」というその人特有のパターンを、一人ひとり持っていると言われています。

 

「思考」考え、思い、「感情」気持ち、「行動」は行動そのものだったり、身体に出る反応や症状、態度などを行動といっています。

 

私たちが扱うのは、この「思考・感情・行動」です。

 

 

例えば…

 

   過去          現在〈今ここ〉

ーー●ーーーーーーーーーーーーーーーーー●ーーー→

   原因 〈決断〉           症状〈問題〉

    ↑ここに焦点                                                       

 

 

【状況】私は、"人前で話をするときに緊張してしまう"

 

ということが起きてます。

私にとって不具合なことので、やめたいと思っています。

 

そういう状況の時に、考えてること、感じてること、取る行動という、私のお決まりのパターンがあります。

 

"人前で話をするときに緊張する時"、どんなこと考えているでしょうか。

【思考】ちゃんと伝わるように話さなきゃ、失敗しないようにきちんと話そう

 

 

そんな風に考えて、どんな気持ちになっているでしょうか。

【気持ち】不安になったり、怖くなる。

 

不安や、怖い気持ちがわいてきます。

そうすると、どんなに風に行動するのでしょうか。

【行動】足が震えたり、手に汗をかいたり、頭が真っ白になったり、喉が詰まって声がかすれたり。

 

こんな風に、出来事に対して人それぞれの「思考・感情・行動」がひとまとまりのセットになっています。

この一連の思考・感情・行動のパターンが、今の自分にとって心地良くないので変えたいと思っています。

 

このパターンが変われば楽になるはず。

 

カウンセリングではこの不都合なパターンを変える、ということをやっていきます。

思考・感情・行動のどれかを変えることができれば、このパターンは変わっていきます。

 

 

多くの場合、「思考」考え方から変えようとすることが多いです。

【思考】考え方にアプローチ

 

私「すごい緊張する、どうしよう!」って誰かに相談すると、

「うまくやろうと思わないでいいよ、いつも通りって思って」これ、考え方です。

「失敗しても気にしないでいいよ、誰にどう思われても気にしない気にしない」これも考え

確かにその通りです。

 

 

あるいは【行動】にアプローチ

「経験、経験を積めば何とかなる。」

「まずやってみよう」

緊張しようが何だろうが、とにかくやってみる。

 

それも一理あります。

そうやって「できた」というような成功体験を積むことで、不安や怖さが減っていくかもしれません。

 

このように【考え】や【行動】に焦点を当て、考えと行動を何とかしようという心理療法というのが、日本で今良く知られる心理療法です、すごく効果の高いカウンセリングです。

 

 

さて、皆さんは経験ありませんか。

考え方を変えようとしたり、行動を変えようとしたりしても、どうしても変わらない、ということ。

 

頭では分かってるんだけど、心がついていかない。

行動を変えてみたけど、長続きしない、など。

 

これらは何が起きているかというと、【気持ち】が置き去りになっていると考えます。

 

この”不安”な気持ち、”怖い”気持ちが強すぎる時、考え方を変えようとしても、行動を変えようとしても、

この気持ちがブレーキとして働くのです。

 

なので、変わりづらいのです。

 

 

インナーチェンジングセラピーでは、「感情処理」というのをメインにやっています。

 

感情に焦点を当てる、【感情:気持ち】が処理されるようにアプローチします。

 

どうしようもなく不安だったり怖いという気持ちに気づき、受け止めて、感じて処理していくということをやっていきます。

 

怖さや、不安な気持ちを感じていくと、怖さや不安な気持ちが減っていき、自然に考え方や行動が変わっていくようになります。

 

「今、できることをやればいい」「いつも通り、楽しんで話そう」というような考えが、自然に自分の中から湧いてきます。

 

そして不思議と緊張がゆるまってくることが多いです。

 

こんな風に「思考・感情・行動」が変わっていきます。