うしおだけいって、こんな人


なんでこんな私なんだろう、こんな自分受け入れられない、見られたら恥ずかしい、嫌だ、きらい、

 

裏にほんとうの自分を隠したままの日常は、世の中や人との間に分厚いフィルターが何重にもかかっているようでした。

 

セラピーの中で、私自身にフィルターが分厚く重たく覆いかぶさっている事に気づき、フィルターの中に居るほんとうの私を見た時、私自身が私をいじめ、自分でなんとかしてと罵倒し、無視し、生きるなど価値ないと、突き放していることがわかりました。

 

愕然とし、呆然とし、そして泣き崩れました。

 

私は心地よく楽しく心から笑って生きたいと願っていたはずなのに…

 

わたしは、今そう思っていることを受け入れ、私自身の唯一の味方になりたいと思いました。

 

それから、ほんとうの私は今、どう思ってるのかな、どんな気持ちなんだろう、ホントはしたい?したくない?

自分の中に目を向け聴く練習をしました。

 

嫌なものはイヤ、ムカつく、チッって思う、寂しい時はさみしい、怖いからしたくない、めちゃくちゃ楽しい。

少しずつ、私の本音がこぼれてきて、キャッチできるようになりました。

 

そして私の思いや気持ちを、声に出したり行動に移すことをトライしてみました。

すると、私の本音に対して世の中やまわりの人が自然に受け止めてくれることを体感しました。

世の中そんなに冷たくない、人ってけっこう優しくてあたたかい。

 

今は、フィルターが薄くなり、わたしの表と裏の仕分けがあいまいになり、

人や場所によって、〈わたしスイッチ〉を切り替えオンオフする手間がなくなって、楽になってきました。

 

こうしてきた私だから、わかる

表向きの私のにある、本当のわたしを見せないようにし続けていると、しんどいということ。

 

この感覚がわかる方、何かわからないけれど生き苦しい方、心地よい日々を送りたいと思っている方の心が、楽になるためのきっかけになったら何より嬉しいです。

 

メンタルサポートラインearth 

潮田 けい

 

 

戻る