がん再発予防のカウンセリング

再発しにくい性格づくり


がんサバイバーの心のケア

私たちは、がんの再発予防の一環としてカウンセリングに取り組んでいます。

がんになりやすい人、がんを発症しやすい人を「タイプC」といいます。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校 医学部の心理学者ディア・デモショック先生らによって提唱され、日本にも紹介されました。

チェックリスト20項目のうち19項目以上に、イエスと回答すると「タイプC」に該当し、タイプCの該当項目が、6〜7項目になることを目標に、改善を目指すカウンセリングを実施しています。

 

カウンセリングでは「がんの再発をしにくい性格づくり」を行っています。