利用者様とその家族と笑顔で過ごすためのプログラム


施設の職員の方々が、介護のストレスを緩和するためのプログラムです。

自身の不快感情に向き合い、コミュニケーションの改善を図り、一人で仕事を抱え込まなくするための知識を習得します。


プログラム内容〈全8回〉

 

第1-1 心の仕組み

1.心の構造

2.心の機能

3.3つのコミュニケーションパターン

4.コミュニケーションを見直す

 

第1-2 自分が知る自分と他者から見た自分

1.自分で知る自分 エゴグラム

2.心の状態の5つの機能とエゴグラムの読み方

3.演習

4.他者から見た自分という観点からの洞察 ジョハリの窓

 

第2-1 自分をよい状態に保つ〜ストレスコーピング〜①

 

第2-2 利用者様を受け止めるコミュニケーション

1.受容共感

2.話を聴く上でのポイントと技術

3.話の聴き方の練習

 

第3 自分をよい状態に保つ〜ストレスコーピング〜②

1.感情処理のやり方

2.感情処理の練習

 

第4-1 仲間と協働していくためのコミュニケーション

1.報告、連絡、相談のやり方

2.相談の練習

3.心地よい相談の流れ

4.相談の演習

 

第4-2

自己表現

1.アサーションの基礎の理解

2.アサーションの技法の理解

 

第5 各適応タイプによる関わり方

1.自分の適応タイプを知る

2.各適応タイプの好み・特徴

3.各適応タイプのストレス反応・ストレスケア