インナーチェンジングセラピー

努力して変わるのではなく「自然に変わる」


インナーチェンジングセラピーの4つのメソッド

「感情処理法」

「交流分析」

「人格適応論」

「愛着のカウンセリング」

これらの4つの理論を統合した【MSメソッド】を背景としたカウンセリング手法を【インナーチェンジングセラピー】といいます。

 

 インナーチェンジングセラピーとは…

多くのカウンセリングが行動面の変化、つまり問題行動をどう解決するかというその人の外面に焦点をあてたものであることに対し、内面の変化に焦点を当て、その結果として行動が変容することを目的としたものです。

 

一般的に行動を変化させるために、なぜその行動をとったのかという思考を問題にします。

インナーチェンジングセラピーではその行動を引き起こしている思考も大切にしますが、その行動を起こしているとき、そのように考えているときの感情に向き合い、それを処理することにより、結果として思考の自然な変化、行動の自然な変化を促します。

 

インナーチェンジングセラピーの4つのベース

 

感情処理法

わたしたちは、自分の感情を気づかないうちに抑えていることがあります。

最近の感情から、小さかった頃の感情、たくさんの感情を抑えためていくと、心身の不調に繋がっていきます。

抑えている感情に気づき、処理することでスッキリし、思考や行動が自然と変化していきます。

 

交流分析

日本では最も知られている心理理論のひとつであり、目に見えない人の心は何でできているのか、その心はどのように動いているのか、また、私たち人はこの世に生まれてきて、どのように成長発達していくのかをわかりやすく解き明かしたものです。専門用語をなるべく使わないわかりやすさから、教育・医療・産業の様々な分野で活用されています。この理論をベースにその人の問題を見立てていきます。

 

人格適応論

人格適応論では、人には6つの人格的特徴が見られ、各適応タイプにはそれぞれ効果的な人間関係の深め方があると考えられています。それを活用することにより、相手とよりよい関係を築くことができるだけでなく、ミスコミュニケーションを回避することもできます。職場・家族・友人といった周囲の人々との人間関係の改善に役立つものです。

 

愛着のカウンセリング

愛着!?

赤ちゃんの頃、形成される安心感

言葉がわからない赤ちゃんは、親からの表情やスキンシップから安心感を作っていきます。

安心感を得られなかった、と思うクライアントさんへ愛着のカウンセリングで改善していきます。