思考・感情・行動

性格は取り入れ


私たちは、日頃何気なく考えている事、感じている事、取っている行動は、生まれて育ってくる過程のどこかで、取り入れたものだと考えられています。

いったん取り入れた思考・感情・行動は、似たような出来事や状況が起きると、同じ思考・感情・行動のパターンを繰り返します。

私たちは、自分のお決まりのパターンを何百、何千と取り入れています、この特有のパターンのことを「性格」と示しています。

特有の思考・感情・行動のパターン「性格」は、自分にとって効果的なものもあれば、変えたい、不都合、やめたいと思うものもあります。

自分にとって、不都合、変えたい、やめたい、或いは過ごしづらい、生きづらいというようなパターンは変えることができます。

生まれてから育ってくる過程のどこかで、こういうことが起きた時、こう考え、こう感じ、こう行動しようと決めたのは自分です。

自分で決めて取り入れたパターンだから、自分の意志で取り入れ直すことができるのです。

「インナーチェンジングセラピー」は、不都合なパターンを取り入れなおすところに、寄り添い、サポートさせていただきます。

 

私の場合

【状況・出来事】元気がない人、困っている人を見ると…

【感情・気持ち】さみしい気持ちになって

【考え・思い】私がなんとかしてあげなくちゃと思って

【行動】手助けをする、お世話をする、断れずに仕事をする

という、特有のパターンを持っていました。

 

人のお世話をすると「ありがとう」と言ってもらえるし、人のためになっていることが心地よかったので、不都合ではありませんでした。

私は、自分の性格を「優しい」「人の気持ちがわかる」「世話好き」「面倒見がいい」というように示していました。

 

ところが…

いつしか、疲れを感じるようになってきました。

いつも人のために動いている私、最近では私がお世話をするのが当たり前になってきて「ありがとう」と言われることも少なくなってきました。

人を優先にしていたので、自分の予定をキャンセルして残業したり、誰かのために付き合ったり…

気づくと、自分のためにつかう時間や楽しむ出来事が減っていました。

 

「もう人のお世話はやめよう」そう考え、決心しました。

人が困っていても、頼まれても、「今日は予定があるから」と言って帰ろう、見ないようにしよう、と行動を変えることにしました。

 

だけど…

「おねがい!」「助けて―」「一緒にやってー」と言われたり、困っている姿、寂しそうな顔を見ると…

「今日だけ」「この事だけ」と自分に言い聞かせ、お世話をすることになるのです、それを繰り返していました。

 

そして…

私は、自分の仕事や生活の中で、ミスをするようになったり、落ち込んだり、元気がなくなっていき、体調を崩しました。

 

私が取り入れた特有のパターンは、わたしにとって生きづらいパターンだったのです。

 

…残念ながら私自身そのことに気づいたのは、身体を壊してからでした。