情況対応コミュニケーション講座

ちがいを知るとコミュニケーションが良好


「情況対応コミュニケーション」は多くのカウンセリング臨床経験を持つ㈱メンタルサポート研究所グループが「人格適応論」「カウンセリング理論」「コミュニケーション理論」等をベースに、コミュニケーション講座としてアレンジしたものです。


 

人の特徴がわかると相手に対して理解が深まりコミュニケーションが良好になるという講座です。

 

 講座内容(1講座でこの中のどれかをお伝えします)

わたしは何タイプ!?(自分のタイプ診断)

タイプ別の好み(世の中の関わり方)

タイプ別の好み(心の欲求)

タイプ別特徴

仕事の適正と人との関わり方の特徴

タイプ別ストレス反応

コミュニケーションドア

タイプ別コミュニケーションモード

タイプ別ほめ言葉

タイプ別愛し方と愛され方


 

人には6つの適応タイプというのがあって、それぞれタイプによって世の中の関わり方や人の接し方、考え方や愛し方など違うと言われています。

 

例えば…

 

夫婦の会話

妻「今度の休みどこに行く?私はショッピングに行きたいな」

夫「・・・」「君が行きたいところでいいよ」

妻「なんか言ってよ」「休みの日に何したいとかないの!?」

  (なんでだろーイライラするぅ!)

 

→夫は無口で物静か、

 自分から何がしたいと言わないタイプです。

 

親子の会話

子ども「お母さん、風邪引いちゃった」

お母さん「熱は?薬は?」

子ども「だいじょうぶ?って言ってよぉ~」

 

→お母さんのタイプは事実思考!事実に基づいて解決策をさがします、だいじょうぶ?って言ったって風邪は治らない!?

 

これは、良くあるタイプ違いのミスコミ事例!

 

夫婦、ママと子ども、お友達、上司と部下、人間関係のすれ違いは、タイプの違いによるものかもしれません。