人格適応論

6つの性格傾向


人格適応論は、1994年、米国の交流分析の権威Joins,V.博士により「異なったパーソナリティ適応への再決断療法」の論文のタイトルで紹介されました。

その後、2007年に、欧州の交流分析の権威Stewart,I.博士との共著で「交流分析による人格適応論」(誠信書房)で日本に紹介されました。

人には6つの人格特徴が見られると考えられていて、各適応タイプにはそれぞれ効果的な人間関係の深め方があると考えられています。


人格適応論では、人には6つの人格的特徴が見られ、各適応タイプにはそれぞれ効果的な人間関係の深め方があると考えられています。それを活用することにより、相手とよりよい関係を築くことができるだけでなく、ミスコミュニケーションを回避することもできます。職場・家族・友人といった周囲の人々との人間関係の改善に役立つものです。