カウンセリング領域


カウンセリングの活動領域は広がっています。

 

カウンセリングは、メンタルケア、悩みなどの問題解決、精神疾患など、それから、不登校や引きこもり、DV、依存、そのほかに、会社や仕事、学校、家庭などの人間関係の事など、多くの問題を扱っています。

そして、インナーチェンジングセラピーは、カウンセリング領域ばかりでなく、医療・福祉・教育・産業・司法に関わっており、世の中に求められています。

 

 

・スマホ依存、ギャンブル依存 に関すること

 

 

・子どもと笑顔で過ごすプログラム

(虐待防止プログラム)

NHK(Eテレ)にて、虐待について考える番組が放送されました。

「親が悩んだときに相談できる場所」(虐待相談の窓口)のひとつとして、(株)メンタルサポート研究所が紹介されました。

 

・高齢者虐待防止プログラム

介護される人、介護する人、ご家族のこころのケアです。

 

・再発予防カウンセリング

がん患者さんの心のケアです。

カウンセリングでは、がんの再発をしにくい性格づくりを行っています。

 

・子どものカウンセリング プレイセラピー

3歳から12歳くらいまでの子ども向けのセラピーです。

子どもの遊びの中には、子ども自身が言葉にしない「気持ち」が表現されていることが多いです。

プレイセラピーでは、セラピストが一緒に遊び、遊びを通して子どもの心に寄り添います。

 
・恋愛から結婚へのステップ講座やセラピー

・恋愛カウンセリング

恋愛や結婚の悩みも多くの方が持っています、こういう話って本音を意外と近しい友達にも話しません。

 

・犯罪者再犯防止プログラム

 

・親育て子育て支援

 

 

時代の変化につれて、心の問題は変わってきます。

私たちのグループは常に新しいものを取り入れて最新の知識を学ぶ、ということをやっています、これが、このグループの強みでもあります。